USB

一方で、USBデータは「物」でもあります。
一般的にフラッシュメディアは耐久性が強いとされていますが、高い場所から落とした場合などの中身の保証は出来ません。
情報漏洩は暗号化などで防げても破損には対応しきれない面があります。
第三者による盗難だけでなく、自分自身のミスでメモリを壊さないように気を付けましょう。
これはあらゆるポータブルデバイスに言える事ですが、本体の破損に備えて必ずバックアップを取っておかなければなりません。
もちろん、そうしたバックアップも含めてセキュリティを強化して保存するようにしましょう。
またデータを暗号化するソフトはフリーウェアからシェアウェアまで様々に開発されていますが、それだけ品質もピンキリです。
必ず前評判を調べた上でセキュリティとして採用しなければなりません。
値段やブランド性だけに惑わされず、幅広い意見を参考にしましょう。
こうしたポイントはネット時代を生きる上で何にでも重要な視点ですから、きちんと押さえておきましょう。

現代の企業では最早あらゆるデータを電子化してやり取りする事が一般的になっています。
メールやクラウドを活用しながらネットワーク上でデータ交換する機会も多いのですが、一方でUSBメモリなどを使ったデータの受け渡しも日常的です。
電子データの遣り取りはセキュリティが最重要であり、漏洩や破損を防ぐための対策が欠かせません。
USBに保存したデータは、第三者が不正アクセスする事を防御しなければなりません。
最近ではUSBメモリに保存されたデータを暗号化する為のソフトが開発されていると同時に、メモリそのものにデータを保存した瞬間暗号化する機能が備わっている物もあります。
アクセスする為にはパスワードが必要になりますから、第三者への情報漏洩は防げるでしょう。
こうしたアクセス方法は現在ではパスワード方式ですが、先々は指紋認証など幅広いアクセス方法が開発されるかもしれません。
データのセキュリティはあらゆる企業にって重要課題ですから、次世代を担う幅広い技術が適用されて行くでしょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 11月    
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31